「朝比奈龍勢」全国龍勢サミットとして開催

2018年10月20日(土)、藤枝市岡部町殿(との)で県の指定無形民俗文化財である朝比奈大龍勢が開催されます。特に今回は全国各地で今でも伝統的に龍勢花火の打ち上げを行っている団体を招き、映像でそれぞれの特徴を紹介する「全国龍勢サミット」を同時開催。龍勢の保存と伝統文化の継承を目指します。

起源は今川時代に朝比奈氏と岡部氏が上げた狼煙

2年に1度、藤枝市の岡部地区で打ち上げられる朝比奈大龍勢は、今川時代の朝比奈氏と岡部氏が緊急連絡用に上げた狼煙がその起源とされる県指定無形民俗文化財。朝比奈川流域の13の連(チーム)が秘伝の技と想いをロケットに込めて駿河の空に打ち上げます。

さらに今年は通常の打ち上げイベントにあわせて「平成30年度全国龍勢サミット」を開催します。

内容・スケジュール

 【サミット式典・朝比奈大龍勢開会式】 10:00〜10:30
  あいさつ:保存会会長、来賓(市長等)、各地区団体代表者等

 【各地区の龍勢紹介】 10:30〜11:00
  各地区の保存会による映像紹介(歴史、龍勢花火への想いなど)

 【講演会】 11:00〜11:30
  「龍勢の構造等について」静岡理工科大学

 【龍勢打ち上げ】 12:00〜20:30
  朝比奈龍勢のほか、草薙の龍勢の実演

また、9月7日から9日までの3日間、有料桟敷の受け付けを行います。

問い合わせは、藤枝市観光協会(054-645-2500)まで。

スポンサーリンク