【イベント】第1回花蔵杯 スポーツ蹴鞠大会

 2017年の12月16日、藤枝市の市民グラウンドにてサッカーと蹴鞠を融合させた新しい競技「スポーツ蹴鞠」の大会が開催されました。この競技は6人1チームで円を作り、リフティングでボール(鞠)をつないでいき、最後にゴール(茶カゴ)に入れるまでのタイムを競うというもの。今回は花蔵杯(はなぐらカップ)をめぐり静岡勢と藤枝勢が楽しくも真剣にニュースポーツを楽しみました。(ふじのくに未来財団助成事業「静岡のチカラ基金」)

今川家の家督を争った「花蔵の乱」が現代に復活!?

 今川ファンの方ならご存知だと思いますが、1536年、今川家の家督をめぐり静岡(駿府)を拠点にしていた義元と藤枝(花倉)を拠点にしていた兄の玄広恵探が「花蔵の乱」を起こします。今回の企画ではこの花蔵の乱を現代に蘇らせ、静岡勢が再び藤枝市に攻め込み、藤枝勢がそれを迎え撃ちます。


 特に今回は女子サッカーを応援するためのイベント「藤枝なでしこデー2017」の一企画として開催されたこともあり、女性チーム中心の大会となりました。カテゴリーは以下の3つ。

  category1  小学生以下(女子限定)
  category2  中高生(女子限定)
  category3  フリー(年齢・性別制限なし)

 それぞれのカテゴリーで静岡勢と藤枝勢が2試合ずつ対決して、最終的に勝数の多い勢力が優勝カップである「花蔵杯」を手にすることができます。


 結果は・・・5勝1敗で静岡勢の勝利!

 藤枝市陶芸センターの前田館長がこの日のために製作してくれた「花蔵杯」が、今川さんから静岡勢の代表選手に手渡されました。

 「スポーツ蹴鞠」を企画した今川さん製作委員会では、これからこの新しいスポーツを普及させていくための有志を募り、2019年の今川義元公生誕500年祭で盛大な大会を開催したいと企画しています。興味のある方はぜひ、参加してみてください!

スポンサーリンク