【展示会】女戦国大名寿桂尼と今川氏


 島田市博物館では9月16日(土)〜11月26日(日)の期間、「女戦国大名寿桂尼と今川氏」と題した特別展を開催しています。今川義元公の母として今年の大河ドラマでも活躍した「女戦国大名」。本特別展では、そんな寿桂尼と今川氏歴代の事跡を紹介します。

関連イベントも盛りだくさん!

 戦国時代、女性は政略結婚の道具ではなく、家と家を結ぶ平和の使者、そして家を束ねる存在として強く生きていました。駿河を拠点とした戦国大名今川義元の母寿桂尼は、京都の公家の娘として生まれ今川氏に嫁ぎ、夫(氏親)、2人の子供(氏輝・義元)、孫(氏真)の4代にわたって今川氏を支えました。大名さながらに印判状を出して政治を行う活躍ぶりから「女戦国大名」と呼ばれた寿桂尼は、戦国時代を強く生き抜いた女性の代表格と言われています。(パンフレットより)

 本特別展では島田市で昨年新たに発見された今川氏真の和歌や、日本に唯一残る早川殿の印判状など貴重な資料も公開。さらに講演会やワークショップ、歴史検定など関連イベントも開催します。

開催期間: 9月16日(土) 〜 11月26日(日)
会  場: 島田市博物館
      静岡県島田市河原一丁目5-50
入場料金: 300円(一般)、240円(団体)、中学生以下無料

関連イベント

【講演会】
 11月18日(土)
 「女戦国大名寿桂尼とおんな城主直虎」
 講師:大石泰史 氏

 11月25日(土)
 「女戦国大名寿桂尼の生涯」
 講師:久保田昌希 氏

【ワークショップ】
 11月3日(金・祝)
 花押と印判づくり

 11月26日(日)
 今川氏検定

詳しくは島田市博物館のウェブサイトをご覧ください。

スポンサーリンク